エアコンは各階に1台程度で十分快適に


全熱交換機 × 除湿ユニット ​で今まで体験したことがない住み心地を


アリアの家づくりでは、ダクト式第一種換気(機械給気・機械排気)という換気方式をお勧めしています。


この第一種換気のメリットとしては次のような点が挙げられます。


  1. 計画的な換気を行えること

  2. 全熱交換を行えること

  3. 熱源の近くにで給気を行えること

さらに除湿ユニットを換気装置に組み込むことで、夏場の湿度をコントロールし

サラっとした感覚で過ごすことができます。

エアコンで冷やしすぎなくても快適に過ごせますので、エアコンの風が嫌いな方にはお勧めです。


さらに換気装置により全室に空気が行き渡るように設計する為、概ね各階にエアコン1台程度で十分快適に過ごせます。


​上記により電気代の削減も見込めるメリットがあります。



右の図は除湿ユニットを含めた換気装置の概略図です。


外気から導入された空気は本体ユニットで室内の空気と熱交換を行いさらに除湿ユニットで湿気をとるので、夏場は温度の高くない​サラッとした空気を内部に送り届けます。



断熱と通気を組み合わせたパッシブデザイン


空気も断熱の役割を担う!?


アリアの家づくりでは、断熱材の内側と外側に二重の通気層を設けております2つの通気層はいわば魔法瓶のような役割を担い、家の中の保温力を高めます。


さらに暖められた空気は上昇するという空気の性質を生かし、夏場は温度差による自然通気を絶えず行うことで排熱を促します。


また冬場は内側の通気層の流れを遮断することにより、家の中の暖かい空気が逃げないようにします。


夏と冬で床下ダンパーの開閉を行いそれぞれの季節に対応できるような仕組みとなっております。






こちらは開閉を自動で行った場合の大まかな仕組みを説明した図です。

外部温度を感知し自動で床下ダンパ-及び小屋裏ファンの制御を行います。