モデルハウス外観1.bmp

​ようこそ、アリアのコンセプトハウスへ

アリア建築工房の家づくりではお客様それぞれの思いやライフスタイルを最も大切にします。
​例えば、家事同線を楽にしたい。
自分だけの書斎が欲しい。
キッチンから見えるところに子供が遊ぶスペースが欲しい
子供の成長に合わせて将来的に部屋数を増やしたい・・・等々。
アリア建築工房では、それらのご要望にお応えできるような設計上のアイデアをご用意しております。
このページではそれらの一部を事例及び3Dで作成したコンセプトハウスをもとに
​ご紹介致します。

​吹抜けのある空間

ファミリークローク

​ワークスペース・書斎

収納

​ロフト

​水廻り

DESIGN

DITAIL

1階平面パース.bmp

​1F PLAN

​玄関に洗面台
小上がりのある和室
ファミリークローク&ランドリー
​子供や奥様が使えるワークスペース
​心地よい吹抜けのあるリビング
収納力のあるパントリー
リビングから繋がるウッドデッキ
多目的に使える庭

​1F PLAN ウォークスルームービー

2階平面パース.bmp
​好奇心をくすぐる子供部屋+ロフト
オープンクローゼット
安心の2階トイレ
​在宅ワークもこなせる書斎
ウッドデッキの軒を兼ねたバルコニー

​2F PLAN

2F PLAN ウォークスルームービー

 

​CASE 1

​吹抜けのある

空間

アリア建築工房と一緒に建てていただけるお客様のほとんどが、この「吹抜け」を採用されます。吹抜けの利点としては、より多くの自然採光をとれること、上下階の空間につながりを持たせること、開放的な空間として利用できること、家族の動きを感じ取れることによる安心感などがあります。一方で、冷暖房の効率が悪くなり暑さ寒さに対応しにくいと一般的には言われております。

しかし、アリアの家では基礎外から屋根まで家全体を断熱材で覆いかつ、壁内に2重の通気層を設けるソーラーサーキット工法を用いている為、吹抜けによる暑さ寒さの心配はいりません。また、家全体での換気計画を施している為、むしろ吹抜けがあったほうが換気効率が上がるのです。

​暑さ寒さの気にならない吹抜け空間は、想像の遥か斜め上をいく快適性です。

モデルハウスLDK1.bmp
Katsura-2.jpg
 

​CASE 2

家事動線に

ついて

​「この家に住んでから家事が楽になりました。」ご入居後のヒアリングで最もよく聞くご回答の一つがこの意見です。その一つが洗濯物。

通常ではベランダや庭で干すのが一般的ですが、アリア建築工房では家の中でも十分に乾きます。その理由は家全体で温度・湿度を一年中ある程度コントロールできるというところにあります。

その為ベランダを設けずに家を建てたというケースもござます。

また、最近では洗面所(洗濯機が置いてある部屋)のそばに「ランドリー室」を設け洗濯物干しやアイロンがけまで1つの部屋でできるということもご提案させていただいております。

共働きのご家庭が多くなる昨今、奥様だけでなく、ご主人様も家事を行うというケースが増えてきていると思います。

​アリア建築工房では、建築的に家事の時短を促し、家事が楽になることで少しでも家族団らん・休息の時間が増えるようなご提案をさせていただきます。

03.jpg
モデルハウスファミリークローク.bmp
 

​CASE 3

ワークスペース

書斎

ご主人様のご要望で多いのが「書斎をつくって欲しい」という意見です。

また近年では「子供の学習スペースをLDKに欲しい」という意見も多く聞きます。コロナウイルスによる影響で「寝・食」に加え「学・働」も家の中にもおめられつつあります。

テレワーク・リモート会議・オンライン授業等に対応できるよう​アリア建築工房では、お家の中でも集中できる場所・空間をご提案いたします。

自宅の大型本棚
マガジン
 

​CASE 4

収納について

注文・戸建て住宅の最大のメリットのひとつが「収納力」があるということです。

アリア建築工房ではウォークインクローゼットやシューズインクローゼットはもちろんのこと、床下収納や階段下収納、パントリーなど各種ご要望にお応えいたします。また最近では収納内部をあえて見せるオープンクローゼットなどもご提案させていただいております。

​そんな中、アリア建築工房が最もご評価をいただいているのが小屋裏収納です。アリアのお勧めする小屋裏収納は単純に広さが取れるだけではございません。通常の家では夏場の小屋裏は非常に暑く30分も居られないほどですがアリアの家では家全体を断熱・換気している為、小屋裏だけが暑くなるということはありません。快適な小屋裏収納だからこそ・保存状態もよく、整理も苦痛ではなくなります。これらがご好評いただいている理由です。

A27505_11.jpg
万博花嫁・玉作邸 (514).JPG
 

​CASE 5

ロフト

​屋根裏の活用

ロフトの使い方はお客様によって様々です。書庫や季節物の収納に使うもよし、書庫や学習室・デスクワークとして使うもよし、子供の秘密基地をつくるもよし、中には趣味のゴルフ用品がズラリと並びパター練習場として使っているお客様もいらっしゃいます。アリア建築工房ではお客様の使用用途に合わせたプランをご提案させていただきます。

また、CASE4同様にアリアの屋根裏は年中快適に過ごせる為、長時間ロフトにいても苦になりません。

​お客様の工夫や遊び心一つで快適でかつ素敵な空間になること間違いありません。

_MG_7817.jpg
11.ロフト2.jpg
 

​CASE 6

昨今のライフスタイルをふまえた水廻りの​考え方

普段以上に手洗い・うがいが重要視されている昨今、アリアのコンセプトハウスでは玄関入ってすぐのところに手洗い場を設けております。玄関上がってからではなく土間に設ける事で、仕上がタイルの為、床の水はねを気にしなくてもよいという配慮です。更に少し背の高い鏡を設ける事で、お出かけ前の姿見として併用できます。

​また、朝の支度時に複数の人が洗面所を使用できるよう洗面所の化粧台は幅の広い物をお勧めしております。

モデルハウス玄関水栓.bmp
20190425_160619.jpg
 

​CASE 7

DESIGN

コンセプトハウスでは、外観をグレーの金属サイディングを使用しております。軒や玄関ドアを木目調にすることで重厚感を持たせながら自然を感じられる外観となっております。

また内観はホワイトの漆喰塗を基調とし、床、建具等はオークの木目調で統一しました。ところどころにグレーのタイルを用いる事により、外観とのつながりや高級感を意識しております。コンセプトハウスはあくまでデザインの一例であり、アリア建築工房の家に決まったデザインはございません。

​家をつくる段階でまずはお客様のご希望や予算をお伺いし、それをもとに1から仕様や間取りをお客様と一緒に考えていきます。

 

​CASE 8

DITAIL

​注文住宅の魅力の一つがオリジナルの造作です。細部の造作は住まいの使い勝手の向上や住空間にオンリーワンの魅力をもたらしてくれます。

アリア建築工房の家ではお客様のご要望に合わせ細部の造作にもこだわります。

​またコンセプトハウスでも、木質天井や、エコカラット、小上がり和室、アイアン手摺等様々なアイディアを盛り込んでおります。

​上記に関するお問い合わせ、詳しい資料等のご請求はこちらより